本校の特色ある教育活動

1 まえばし学校教育充実指針と月田小教育目標 

  学校教育充実指針で目指す子供像
○目指す子ども像=多様な人と協働しながら、主体的・創造的に活動する子ども

    学校教育充実指針具体像          本校教育目標 : 育てたい力   

・夢を持ち、自ら学び考える子         =「 創りだす子:豊かな感性、明るい心、たくましい心と体

・自分も他の人も大切にし、共に生きる子  =「共に生きる:想像力、問題解決力、表現力

・たくましい心と体で、最後までやり抜く子  =「すこやかな子:生命や人権の尊重、思いやりと協調 社会性

・ふるさとの自然や文化の豊かさを感じる子=生活科、総合的な学習、行事等での取組

2 具体的取り組み
 ①児童が楽しく、意欲的・積極的に取り組む授業の推進。

  (授業の充実は、開かれた学校づくり、学校・家庭・地域との連携、信頼される学校づくりなどの根幹であることを認識し、日々の研鑽を通した実績の積み重ね)

 ②基礎的基本的な内容が身につくように反復して練習したり学習を振り返ったりする個別指導の充実。

 ③少人数学級編成の長所を生かした、個々の児童に即した学習課題の工夫や学習教材の工夫・整備・拡充。これらの教育活動を通して、教師一人ひとりが専門職としての能力・技術の向上。

 ④学習指導や生活指導等の中で、学年の発達段階をふまえ、思考力・判断力・表現力を培う言語活動の計画的、積極的な取り入れ。

 ⑤道徳や人権学習を要として、学校全体で取り組む心の教育の推進。

 ⑥PTA活動や地域の人材活用、学校支援センター機能の充実を通して、地域に根ざした学校づくり。
3 本校で目指す三つの具体的児童像

  ①  「元気なあいさつ」 で、心の通い合い。

  ②  「ぼくがします、わたしがします」 の積極性で、みんなと協力、自分を伸ばす。

  ③ 「思いやりの心」で心が暖か、月田小。

 上記について、本校の特色ある教育活動を下記の3点としました ~
①地域の自然や人とのふれ合いを通した、豊かな心の育み
・地域人材の協力による、草花や作物の栽培、地域ボランティアによる読み聞かせ・寺子屋・遊び場を実施する。
②児童が楽しく、意欲的・積極的に取り組む授業の推進
・導入の工夫と、授業展開板書掲示カードを活用により発表の場を保障し、児童の表現力を高める。
③生命や人権の尊重、思いやりのと協調、社会性の育成
・「あいさつ」「ぼくがします、わたしがしますの積極性」「思いやり」について学校生活の中で年間を通して取り組む。

 
 

学校概要

 本校の校区は農村地帯であり、野菜や花、米等を栽培する農家が多くあります。学校創立は明治11年と古く、地域の学校としてこれまで育ってきました。
 大正14年8月に、東寿寺の青柳興敬住職の招きで、詩人・童謡作詞家の野口雨情が当地にお見えになり、「とんぼなんにゆく 富士の宮さして いろは習ひに 月田校へ」と詠んでいただき、その直筆が本校に残されています。

 自然豊かな土地にある校舎は3階建てが1棟あり、各学年の教室、特別教室がある。また、各階には作業学習や集会活動に便利なオープンスペースがあります。

 体育館の前には大きなクスノキがあり、憩いの場所となっています。プールは大、小2つ。校庭南には、小さな池やオオムラサキ小屋、学校園があります。
 クスノキは、明治38年ころ、戦争から無事に帰られた方が、その記念に植えられたものだそうです。歴史を感じるとともに、月田小学校は地域のたくさんの方々の支えと月田の歴史とともに歩んできた学校であることを感じます。

 児童数は、1学級10~20人程度であり、教師と児童が互いに状況を把握しながら学習を進めています。また、学校規模が小さいため児童は互いに顔を知り合える学校となっています。

                             クスノキと体育館     野口雨情 歌碑       富士の宮(現:浅間神社)