ホーム学校基本情報>学校概要
 

学校の教育理念

教  育
校歌の一節にある「直く明るくすこやか」な子供を育てることが、本校の教育方針であり、児童・保護者・職員の合い言葉ともなっているが、このスローガンとも通じる教育目標を次のように掲げています。

〈学校教育目標〉
●教育目標
あったかな心と生きる力あふれる宮城っ子

●具体目標
・直く     ( 直くいきいきと学ぶ子 )
・明るく    (明るく心豊かな子 )
・健やかに   (健やかでたくましい子 )

平成29年度(4月7日現在)は、児童数348名で、上記学校教育目標の達成を目指して恵まれた教育環境の中で教育活動を展開しています。

 

特色ある教育活動


 

沿革

●明治6年10月
八ヶ村の公立学校として開校し、「鼻毛石小学校」と称する。 以後、明治22年の町村制施行による「宮城村」の誕生までは、現在の大字の苗ヶ島、大前田に分離独立校の設置、廃校が繰り返された。

●明治23年4月
学区改正により「宮城尋常小学校」と称する。

●昭和16年4月
「宮城村国民学校」と改称する。

●昭和22年4月
新学制により、「宮城村立宮城小学校」と改称する。

●昭和28年11月
学制発布80周年記念事業を実施し、校歌・校旗を制定する。

●昭和40年4月
現在の前校舎である新校舎が竣工する。

●昭和41年2月
創立90周年記念式典を挙行する。

●昭和41年7月
学校プールが竣工する。(平成8年度まで使用し、9年度に大中小の3つを備えた新プールが完成した。)

●昭和42年2月
PTA文集「親の目子の芽」が創刊される。

●昭和44年8月
体育館が竣工する。

●昭和48年2月
現在の裏校舎である新校舎が竣工する。

●昭和48年4月
創立100周年記念式典を挙行する。

●昭和55年10月
創作「宮城少年ばやし」を作成し、発表会を行う。

●昭和58年10月
創立110周年記念式典を挙行する。

●平成16年12月
前橋市との合併により「前橋市立宮城小学校」となる。

●平成26年7月
新体育館が竣工する。

●平成28年9月
第100回記念運動会を開催する。

その後も、緑豊かな環境、また充実した学習環境を整えるべく、施設設備の整備を行っている。