ようこそ♪  前橋市立勝山小学校 ホームページへ!
  〒371-0851  群馬県前橋市総社町植野123番地         電話:027-253-2456  Fax :027-253-2493
mail:katsuyama-es@mail.menet.ed.jp
☆「いいね!」と思ったら、「投票する」をクリックしてください!  *本ホームページの記事および写真などの無断転用はご遠慮願います。
 

カウンター

481007
ありがとう! 36万☆アクセス突破!!!

新着情報NEW!

 

届け出文書(プリント用)

給食献立表

西部調理場ー献立表
*外部サイト(前橋市)にリンクします。
 

いじめ防止

h29学校いじめ防止基本方針.pdf
校内生徒指導委員会で検討し、一部改正しました。
 

インフルエンザ等情報

群馬県-感染症情報
*外部サイト(群馬県)にリンクします。
 

不審者情報

群馬県警-不審者情報
*外部サイト(群馬県警)にリンクします。
 

放射線量測定について

本校では、児童が安心して学校生活が送れるよう、各学期始めに放射線量の測定を行っています。これまでの結果は、すべての測定箇所で基準値を下回っています。
1学期:4/19(火)測定
2学期:9/6(火)測定
(測定機器;PA-1000Radi)
 

勝山郷土かるた

新規日誌1
1234
2016/09/08

万代橋(ばんだいばし)

Tweet ThisSend to Facebook | by smaster
と 利根川に 最初の木の橋 万代橋
安政5年、前橋の城主松平大和守に召し出された三原田の水車大工が設計した木の橋である。利根川の急流に架けるので、中央に橋脚のない橋が造られた。橋の名は、のちの世まで流失しないように願って万代橋と名付けられた。当時大きな川に太鼓橋を架けるのは珍しく、錦絵に描かれたが数年後に流失した。

16:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/09/08

用水開発(ようすいかいはつ)

Tweet ThisSend to Facebook | by smaster
て 天ぐまで 手伝いにきた 用水開発
慶長7年(1602)から3年間、秋元長朝様の命により農民総出で工事にあたり、完成した用水である。この用水は、水田開発のためと白の堀の用水を得るためであった。この間、人足としての労役をさせたので、免租とした。工事は難航し、天狗の手伝いにより、大岩の取り除いたというので、天狗岩用水と呼ばれた。

15:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/09/08

庚申待(こうしんまち)

Tweet ThisSend to Facebook | by smaster
つ 月の出を 拝むまつりの こう申まち
庚申様は桜ヶ丘の北部や高井の観音様・立石の諏訪神社・新田の熊谷稲荷などの境内にたくさんある。総社地方では農業の神としてまつり、60日目に回ってくる庚申の日を祭日として庚申待をした。この日は早く寝ると心中の虫が天帝に悪口を告げるというので、宿をきめて夜遅くまで話し合った。お姿は三面六臂である。

15:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/08/26

伊王野彦左衛門(いのうひこざえもん)

Tweet ThisSend to Facebook | by smaster
ち 忠臣の 名は後の世に 伊王野彦左衛門
宝塔山古墳の秋元様の墓から一段低いところに「心叟道忠居士」とあるのが彦左衛門の墓である。秋元泰朝様が「私の死後、誰も殉死するような人はいないだろう。」と言ったところ、彦左衛門が「殿の後を慕う者があるでしょう。」と答えた。その後、しばらくして泰朝様が病死した。彦左衛門は、約束通り翌日切腹し後を追ったと伝える。

10:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/08/26

一本木稲荷(いっぽんぎいなり)

Tweet ThisSend to Facebook | by smaster
た 太々神楽は 一本木稲荷
この稲荷様は、勝山城の西北の鬼門の位置にある。おそらく城の守り神として祭られたのが始まりで、植野の鎮守となった。伝説では榎の大木があり、一本木稲荷と呼ばれるようになったという。社殿は元治元年(1864)に拝殿完成とあり、袖障子(両脇の衝立)の瓢箪から駒の彫刻は、文久2年(1862)小林源五郎の作。
※太々神楽(だいだいかぐら)

09:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
1234