前橋市立原小学校
 
  〒371-0116
  群馬県前橋市富士見町原之郷
          1933-1
    
電話:027-288-2022
Fax :027-288-2268
e-mail:
hara-es@mail.menet.ed.jp

           
 
本年度のいじめ防止基本方針は、
こちらをクリックしてご覧ください。

  H31前橋市立原小学校いじめ防止対策.pdf
 
2014ぐんまスクールオブザイヤーの
活動内容紹介リーフレットはこちら

2014スクールオブザイヤーリーフレット.pdf
 

お知らせ

インフルエンザ情報
 下記 画像をクリックしてください。
 厚生労働省へ移動します。
 

不審者情報

アクセスカウンタ

トータル305124

携帯電話用ホームページ

http://menet.ed.jp/hara-es/
 
サンプル
 
  
 
  
 

校長挨拶

原小学校長の間々田博です。どうぞよろしくお願いします。
 原小学校は、赤城山の麓、その南麓を流れる白川によって作られた扇状台地上にあり、豊かな自然に囲まれた歴史と伝統を誇る学校です。西には榛名山、遠くに三国の山並みをのぞみ、南下には前橋市街地が広がっています。所によっては遠くに富士山をのぞむことのできる所もあります。
  原小学校は、現在学級数19学級、児童数424名(平成31年4月18日現在)です。

 何事にも一生懸命取り組み、元気いっぱいで、あいさつのできる児童がたくさんいる学校です。また、保護者地域の方々の協力の下、様々な体験活動に取り組んでいます。
  原小学区は9つの行政区からなりますが、江戸時代末に多くの寺子屋が開設され、教育に対する関心がきわめて高い地域でした。明治6年の学制発布後もこの精神が受け継がれ、各地域で活躍している多くの人材を輩出しています。

  その中でも地域や児童の最も誇りとするのは、「明治の三老農」の一人である郷土の偉人船津伝次平翁です。本校の教育目標には。郷土の偉人船津伝次平翁の学究の精神を基調として、「豊かな心に学ぶ力を持った、健康でたくましい児童の育成」を掲げています。

 学区内の原西地区には伝次平翁の生家等があり、地域学習や総合的な学習の時間を使って伝次平翁の業績と教えについて熱心に学んでいます。この学習は今では本校教育活動の特色の一つとなっています。
  原小学校は前橋市の学校として国・県・市の教育方針に沿った教育活動を推進すると共に、これからも郷土愛、教育愛に燃え、強い意志と情熱を持って「日本の農業の発展を目指して実践研究とその成果の普及」に一生を捧げた伝次平翁の心を活かした教育を行います。その上で、原小児童の将来社会で生き生きと活躍する姿を目指し、その礎となる基礎学力と生きる力を一人ひとりの児童に身に付けるべく日々の教育に取り組みます。