kousyou
   前橋市立芳賀小学校 公式WebPage
    

 

 


 
 

不審者情報

インフルエンザ情報

か 行

            
     絵:鈴木 洋臣            絵:八木原敏郎           絵:山後 香織          絵:横山めぐみ            絵:岡崎ひろみ
                                                                                                                                                             角田 瑠美
                                                                                                                                                             諸橋 夏美  
 
         開墾を                キリークの              草深い                  毛の国の                こけ類の
   進めて建てた         梵字を刻んで         路傍に残る             文化を誇る            新種の研究
      記念の碑             阿弥陀信仰             百庚申                オブ塚古墳           角田 金五郎
 

解説

  か  開墾を 進めて建てた 記念の碑
金丸(かなまる)という地名は、明治時代にはありませんでした。大正5年の人口調査で、初めて『金丸』という大字名が出てきます。
その当時の戸数は21戸で、人口は97人でした。開拓が始まったのは明治38年ごろで、終戦後の昭和21年ごろからは本格的な開拓が始まり、平成4年の戸数は124戸、人口は454人です。現在は花木園芸などに力を入れています。
 
  き    キリークの 梵字を刻んで 阿弥陀信仰  
 五代の木福様には、阿弥陀三尊をあしらったやげん彫の『梵字』が刻まれている高さ1mほどの厚い板碑があります。くわしい年号は不明ですが、鎌倉時代の作品です。梵字の読み方は、中央の阿弥陀如来が『キリーク』、向かって右が観音菩薩で『サ』、左が勢至菩薩で『サク』と言い、三尊仏を祭ったものです。
 
  く     草深い  路傍に残る  百庚申  
『庚申塔』と書かれた石碑には、墓地や神社の境内、その他たくさん見られます。農民の間では、『百姓の神』『病気や災害を防ぐ神』などど信仰されてきましたが、もともとは中国から来たものです。庚申の日に寝ると体の中にいる『さんし』という虫が出てきて、天の神『帝釈天』にその人の罪を告げ、命が縮むと言われていたので、昔はその日になると当番の家に集まり、一晩中語り合ったそうです。現在でも、勝沢北部『椛沢家』を中心とした十数件で集まり『庚申講』を開いています。
 
  け    毛の国の  文化を誇る オブ塚古墳 
勝沢町にあるオブ塚古墳は、昭和26年に群大史学教室の手により発掘調査が行われました。全長35mの前方後円墳の墳丘上には、円筒埴輪と人物馬、太刀等形象埴輪が配列されていました。また、石室からは、刀・耳環などが発見されました。築造は、6世紀後半と思われます。
   
  こ    こけ類の  新種の研究  角田 金五郎 
金五郎は、安政5年小坂子に生まれました。9歳で寺子屋に入り、群馬師範を出て22歳で小坂子戸長役場の議員になりました。明治13年から嶺赤城小学校や鳥取町善勝小学校の教員をしたり、芳賀村の助役をしたりしました。苔の研究では世界的に見ても第一人者で100種類以上の新種を発見し、日本で最初の『地衣類図鑑』を出版しました。昭和18年、86歳で没しました。