前橋市立第六中学校        
 
 
〒371-0852 橋市総社町総社1762番地1
          TEL(027)251-6661  FAX(027)251-6674
dairoku-jhs@mail.menet.ed.jp
 
 

書き初め大会

  平成24年の書き初め大会は一年生が12日、二年生は13日に2時限を
  使っての大会となりました。三年生は時間が制約されているので、宿題と
  なりました。テーマは、一年生が「世界遺産」、二年生が「理想の実現」、
  三年生は「歴史に学ぶ」でした。
  書き初めは、年の初めに毛筆で書や絵を描く行事で、若水で墨をすり、
  目標や抱負をしたため、一年の学問の取り組みを確認する。
  書きあがったものを、身近に貼り自分への戒めとして常に目を向ける
  学び舎のこころでもあります。

  一年生の書き初め風景

  
   こころ静めて、書初め用紙にむかいます。
       
            
            静かなこころで、自分を表現します。
       
   
        
     群馬のこの地方は、古くから帰化人の往来があり、奈良時代には
     正倉院に絹を貢納していた歴史があります。鎖国政策の終わりと
     ともに、日本の生糸は世界商品となりました。下地のある生糸で  
     前橋市は、世界にめざましい商品の売り込みをし、イギリスやフランス
     の産地でも、良質な生糸は「マイバシ」と呼ばれていたそうです。
     暫定世界遺産リストにも登録されている「富岡製糸場」とともに
     私達は世界に誇れる文化を受け継ぎ、それらを表現しました。     

  二年生の書き初め風景

  
  
       
       
            
            落ち着いたところで、書に向かいます。
   
   
  あり方も、理想にむけて、打ち込みました。
  
        
        真剣な想いが伝わります。
                       
      
            自分を見つめ直し、志をたてること、そして、諦めないこと、
            それが 「理想を実現」 していくことにもなります。
            夢を持ってチャレンジをする。いろいろな体験は、大人になって
            役に立ち、支えてくれた周りの人のありがたさも知ることができます。
            年の始めの計として、この書に想いを重ねた授業でもありました。