平成29年度 生徒会スローガンと活動方針が決まりました。
スローガン
 「 克己 ー 意欲あふれる 挑戦者へ 」
活動方針
 自律 自ら目標を掲げ、最後まで諦めずに取り組む
 協力 人のために考動し、仲間のために協働する




平成28年度後期生徒会スローガン及び活動方針について

 
〇生徒会スローガン
 「飛躍 ~我らで創れ、誇れる七中~
   このスローガンには、卒業した先輩方が築きあげてきたものを進化させ、自分たちがもっと楽しい毎日を送れるよう、そしてよりよい七中を創っていきたいという私たちの思いが込められています。

〇活動方針

 「人のため、己のために汗を流す」 
  たとえ人のためにした努力であっても、必ず自分達に返ってくることを表しています。七中を更によい学校へと飛躍させていくために、七中生全員の力を合わせることが必要だと考え、この活動方針としました。


〇3つのキーワード

〇誠意 ・・・ 何事にも前向きに目標を持つこと

                     「勉強・部活・行事に目標を持ち、一生懸命取り組む」

          目標を掲げてそれに向かって努力をすることで、活動方針の「己のために汗を流す」ということにつながり、
                            また、勉強・部活・行事もよい方向に向いていくと考え、一人一人ががんばっています。


〇謙虚 ・・・ 素直さを忘れず礼儀を尽くす

         「あいさつ・返事を積極的にする」
             誰にでも、自分からあいさつができ、自然に返事ができる、人とのつながりを大切にした温かい学校を創るには、
                           なくてはならないことだと思います。


〇感謝 ・・・ 人や物への『ありがとう』を形に表す

         「学校への感謝の気持ちを込めて清掃をする」
                           このこと以外でも、当たり前のことを当たり前と思わず、一つ一つに「ありがとう」の気持ちを示すことができる学校に
                           していきたいです。

 
この3つのキーワード「誠意」「謙虚」「感謝」を意識していき、大きな目標である、『飛躍』ができると考えています。全校生徒で協力し合い、よりよい七中を創り上げていきます!





平成27年度後期生徒会スローガン及び活動方針について(平成271021日)
 
  生徒会スローガンは、
「伝統への挑戦」
です。当たり前のように毎日を過ごせているのも、当たり前のように行事を楽しめているのも、先輩たちが、この七中を築きあげてくれたからです。卒業した方々、そして、3年生の先輩方、たくさんの人たちの思いがこの七中につまっています。築き上げられものを進化させ、自分たちがもっと楽しい毎日を送れるよう、そしてよりよい七中をつくっていくために、このスローガンにしました。
 その第一歩として活動方針を
「一つ一つに心を込める七中に」
としました。何にでも心を持って接する、相手を思う、そして、何をするためにも根底に「心」が必要であると思い、この活動方針としました。そして、次の項目をみなさんと実行していきたいと思います。
 一つ目は

「人に心を込める」
です。
「先生や先輩、後輩に礼儀を尽くす」 
  例えば、あいさつをしっかりする、立場をわきまえ、その場にふさわしい態度をとるといったことです。
「一生懸命な人を、みんなで応援する」
  良いと思うことをのびのびとできる、そして、一生懸命がんばっている人にみんなで応援する環境をつくっていきたいです。
  二つ目は

「声に心を込める」
です。
「元気な校歌で一体感を生み出す」
  みなさんにも僕が演説のときに言ったように校歌でできた一体感をあじわってもらいたいからです。そして、
「自分の思いを声にする」
  そして、頼っているだけでなく自分の意見、思いを声に出し、より素晴らしい七中をみんなでつくりあげていきたいです。
 三つ目は、
「ものに心を込める」
 です。
「掃除で校舎を磨く」
 自分が、すごしやすく学校生活を送るために掃除一つでも汗をかきましょう。
 
「部活や授業の道具を大切に使う」
 最後にイチロー選手を知っていますか?イチロー選手は道具を大切に扱い、感謝の気持ちを持っているそうです。大切に思うことで、自分自身の試合や競技に対する意識を高めているはずです。部活の道具や授業の道具を大切にし、一つ一つに真剣に向き合う気持ちを大切にしていきましょう。
  上記のことをみなさんと共に実行し、新しい伝統を築き上げていきたいと考えています。